全身脱毛って、月払いもOK?支払い方法を確認しよう!

t-16012972994_21_1

女性にとってムダ毛は色々と面倒な問題ですが、全身脱毛をしてしまえばそうした悩みからは解放されます。ただ、問題はお金です。部分脱毛でも数万円程度の費用は必要となり、全身脱毛となると数十万円の出費は覚悟しなければなりません。これだけの金額を一括して出すのは大変です。そこで、ご自身にあった支払い方法を検討してもらうために、脱毛サロンにおける代表的な支払い方法についてご紹介します。

全身脱毛、基本的な支払い方法は?

脱毛も昔と比べれば、料金がかなり安くなりました。しかし、それでも全身を脱毛すると10万円や20万円の費用が必要となります。それだけのお金を一括で払うのは難しいという方も少なくないでしょう。そういう場合は、ローンで分割という方法がありますが、当然利子がかかり、割高になってしまいます。

したがって、基本的には、一括支払いの方がお得ということになります。その場合は、6回コース、12回コースなど回数によって値段がきまっているので、まずコースを選んでお金を払うことになります。ところが、ここで問題なのが、脱毛効果には個人差が大きいということです。

例えば、12回コースが終了してもまだ脱毛が必要だという場合があります。そうなると、延長を申し込むことになりますが、追加料金は正規コースよりも高く設定されているのが普通です。逆に、12回コースを選んだけれど6回で満足な結果が得られたので終了したいという場合もあります。しかし、そうなっても残り6回の料金は返ってきません。以上のように、融通が効かないのが一括払いの欠点です。

一括じゃ厳しい…月払いも可能?

一括の方が割安だといってもやはり、一度に支払うのは難しい、かといって、ローンで分割にすると利子がつくのでもったいないという方は、当然いらっしゃるでしょう。その場合は、金利手数料なしで月払い可能なサロンを探すことをおすすめします。月払い可能な脱毛サロンは、まだそれほど多くありませんが、徐々にその数も増えています。そして、月払いには、回数払いと月謝が払いのふたつのタイプがあり、それそれぞれのメリットとデメリットを把握しておくことが大切です。

回数払いは、一括払いのお金を単純にコースの回数で割ったものです。例えば、12回で12万円のコースであれば、毎月1万円ずつを12回に分けて支払うという感じになります。しかし、この方法には、途中で脱毛の必要がなくなっても、残りのお金が返ってこないという一括払いと同じデメリットが存在します。

そこで、最近人気なのが、月謝払いです。これは選んだコースにかかわりなく、毎月同じ金額を支払い続けるというものです。これならば、もう脱毛する必要がないと思えば、いつでもやめることができ、それ以上のお金を支払う必要はないのでムダな出費を抑えることができます。逆に、まだまだ脱毛処理が必要だと思えば、これまでと同じ額の月謝を払うだけで、そのまま通い続けることが可能です。ただ、この支払い方法にも、デメリットはあります。月謝という形をとっているため、忙しくてサロンにいけない月があってもお金は払わなければならないのです。そうなると、その月に払う分は全くの無駄金ということになります。

さらに、他の支払い方法としては、都度払いがあります。サロンへ通う度にお金を払う方式で、無駄金の発生するリスクが一切ありません。ただし、1回ごとの料金は割高になってしまうので、長期間この支払い方法を続けると、かえって損になる可能性があります。本格的な脱毛を始める前のお試しに、最適な支払い方法だと言えるでしょう。

まずはサロンに相談してみよう!

以上、脱毛サロンでの主な支払い方法を説明しましたが、これらはあくまでも典型的な事例にすぎません。細かい設定はサロンによって異なるので、まずは、それをよく確認することが大切です。それに、全身脱毛の支払いが大変なことは、サロン側もよく知っているので、個人的事情を考慮してくれる場合が結構あります。まずは、気楽に相談してみてはいかがでしょうか。もしかすると、サロン側からよりよい提案があるかもしれません。