ダイエットの大敵、むくみを撃退するための方法とは?

t-16012972994_15_1

大好きなスイーツを我慢して、食事制限をしているのに、なかなか努力が報われないという人の中には、むくみが原因となって、体がふくよかに見えている場合があります。ダイエットの邪魔をするむくみの悩みを解決するために知っておきたい、おすすめのむくみ対策をご紹介します。

むくみはセルフケアでも解消できる!?

むくみの影響が一番大きく出やすいのが足です。むくんだ足は、靴がきつく感じて疲れやすくなったり、普段の足に比べて太く見えてしまったりします。足のむくみの原因にはさまざまなものがありますが、特に多く見られるのが、血液やリンパの流れの停滞です。長時間同じ姿勢でいることであまり体を動かさないと、筋肉の動きの減少とともに、血液を送るポンプ機能が働かなくなり、血液の循環が悪化してむくみが生じます。そこで、このむくみを緩和させるためにおすすめなのが、マッサージです。リンパの流れを促すことでむくみを和らげる、簡単なマッサージをご紹介します。まず、足首を両手でつかみ、軽くも揉むようにして交互にさすりながら、両手の位置をひざに向かって移動させていきます。指先に力を入れすぎないようにして、手全体でさすっていくことがポイントです。次に、ひざ上すぐの内腿に両手を上下に並べます。そのまま、左右の手を交互に軽くもみながら、太ももの付け根に向かって上げていきます。内側が終わったら、ひざ上の外側も同様にさすりましょう。リンパのマッサージは必ず下から上に向かって行うことが大切なポイントです。最後に、足の指で、グーチョキパーをするとさらに効果的です。

ハーブティーを活用してみよう

毎日の生活の中で手軽にとれるハーブティーを上手に活用し、むくみの解消を目指す方法もあります。むくみが生じる原因の一つに、「冷え」があります。特に女性に多く見られる冷え性は、慢性的に血流を悪くし、むくみの原因となることがあります。また、体内の水分は、血液やリンパ液とともに体の中を流れているため、血流が悪くなると不要な水分が皮膚の下に滞り、それがむくみとなってあらわれます。このため、体を芯から温め、滞っている余分な水分を体外へ排出するように促す利尿効果のあるハーブティーを飲むことは、むくみ対策に効果的な方法となります。ジンジャーティーは、体を温める効果のある生姜の効能と、利尿効果でむくみ対策にぴったりのハーブティーと言えるでしょう。ハーブティーとしては珍しく、香りがほとんどないリンデンウッドティーは、利尿効果に加え、体内の老廃物を排出したり、脂肪を分解したりする作用もあるため、ダイエット対策に適した飲み物と言えます。癖がなく、ハーブティー初心者にも飲みやすいハトムギのハーブティーは、むくみ解消に効果があるだけではなく、ビタミンやアミノ酸を豊富に含んでいるため、ダイエット生活で疲れた肌の回復も期待できます。血液の循環を促し、利尿効果もあるマリーゴールドティーは、むくみ撃退に最適です。さまざまな効果を持つハーブティーの中から、味、効能など自分に合ったものを選び、活用してみると良いでしょう。

むくみに効果的な食べ物とは?

毎日の生活の中でとる食事の量を減らすことに重点を置いて、ダイエットを行っているという人も少なくないことでしょう。しかし、体の健康や美容を長期的に考えた際に、栄養を欠かすことは、体にとって逆効果となる場合もあります。そのため、健康的な体を維持し、むくみをなくすことで、理想の体型を手に入れるという方法はおすすめです。むくみに効果的な食べ物を知る上でポイントとなるのが、栄養素です。むくみの原因となる水分停滞の解消にぴったりの食べ物が、ビタミンです。血液をさらさらにする効果があるビタミンは、体内の血の巡りを良くし、むくみを解消します。ビタミンにはいくつかの種類がありますが、糖分の代謝を良くし、分解を促す働きがあるのがビタミンB1です。そのビタミンB1が多く含まれるものの一つに豚肉があり、特にももの赤身に多く含まれています。また、うなぎの蒲焼や玄米、納豆もビタミンB1が豊富な食べ物です。ホルモンバランスを安定させ、たんぱく質の分解を助けるビタミンB6もおすすめです。ビタミンB6はにんにくやマグロ、かつおに多く含まれています。さらに、体の水分を排出する利尿効果が期待できるのがカリウムです。カリウムは、パセリやアボガド、ほうれん草、納豆に多く含まれます。これらの効果的な食べ物を、毎日の食生活の中に積極的に取り入れ、無理なく上手に活用してみると良いでしょう。