女性のダイエットはタイミングが大切!?効果的なダイエットの進め方とは

t-16012972994_17_1

ダイエットを始めても、なかなか効果が出ないとモチベーションをキープするのは難しいもの。こんなに頑張っているのに、どうして痩せないの?と思う人は、生理周期が関係しているかもしれません。男性のダイエットとは違い、毎月生理のある女性には痩せやすいタイミングがあります。最も痩せやすいタイミングを知ってダイエットを効率的に行いましょう。

女性のダイエット、頑張るチャンスは生理の後!

生理周期は月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つに分けられます。このうち生理後の卵胞期は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が多くなります。エストロゲンは妊娠への準備として精神を安定させ、体調を整える作用があります。別名「美人ホルモン」とも呼ばれ、肌つやを良くする効果も。体調が整いやすい事に加えて生理前のイライラもなく、ダイエットに適した時期と言えます。

逆に生理前にあたる黄体期は、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンの分泌が多くなります。プロゲステロンは体温を上昇させ、脂肪や水分を蓄えやすくする効果があります。女性が妊娠するためには大切な期間なのですが、ダイエットをスタートする時期としては不向きです。

生理後には食事量を控え、軽い運動をする王道ダイエットがおすすめです。いくら痩せやすい時期だからと言って、間違った方法での断食や単品ダイエットなどの極端なダイエットは、その後のホルモンバランスを崩してしまう要因となる可能性もあります。極端なダイエットは一時的に水分や食べ物が体の中にない状態。脂肪が減っている訳ではないと思っておきましょう。

食事は炭水化物を控えめにし、たんぱく質を多く摂ります。鶏のささみや胸肉(皮を取り除いたもの)はお肉を食べているという満足感もあり、食事のメインとしておすすめできます。

女性の周期に合わせたダイエットを進めるメリットとは?

「ヤセ期」とも言える生理後一週間。この時期は水分の排出もスムーズに行われ、生理中にむくんでいた体がすっきりするのが感じられます。そんな時期に合わせてのダイエットは効果が目に見えやすく、モチベーションも上がるメリットがあります。ダイエットに一番大切なのは「続けること」です。そのためにはモチベーションを上げる事、「痩せられる」という自信を持てる事が大切になります。また、生理前や生理中は体調が不安定になりがちです。生理後よりも甘い物が欲しくなったり、イライラしたりが起こりやすくなります。生理後のダイエットで効果が見えていれば、そんな時期も乗り切れそうですね。

体と心の健康が一番!なるべくストレスのないダイエットを!

どんなダイエットでも多少のストレスは溜まるもの。食べる事は人間にとって本能的な快楽なので、食事を制限する事はストレスを溜めていく事になります。そこでやみくもに食べないダイエットをするのではなく、少しずつ食生活を変えるダイエットがおすすめです。ポテトチップスを日常的に食べているなら、油を使わないチップスを自作する、チョコレートが食べたくなったら上質な物を少しだけ。間食は絶対にNG!と厳しく決め過ぎてしまうと、「もう我慢できない」という時が来てしまいます。ダイエットは本来、体の健康を整えるために食事をコントロールする事です。

また、「19時以降は食べない」などのルールを決めて食べる事も良いですね。「食べてはだめ」という気持ちをなくし、19時までは好きな食事ができると思えばかえって「食べたい!」という気持ちが収まり、リラックスした気持ちになりやすくなります。自分の体調や心の状態をいつも気にかけ、無理をしないダイエットを心がけましょう。長い目で見ると結果的に一番の近道となります。