美顔器初心者も必見!美顔器の効果と、正しい使い方まとめ

t-16012972994_10_1

現在美容家電の市場には、数多くの美顔器が存在します。あまりにも多いので、どれを選んだらよいのか分からないほどです。特に初心者にとっては、全くタイプの違う商品が同じ美顔器として販売されているので、混乱してくるかもしれません。そこで、美顔器の基本的な選び方や使い方についてまとめてみました。

美顔器って必要なの!?美顔器に期待できる効果とは

世の中には、美顔器など役に立たないと主張する人もいます。確かに、美顔器を使っても目に見えた効果が現れない場合もあります。しかし、その原因の大半は、美顔器の選択を誤っているか、使い方に問題があるかのどちらかです。また、家庭用の美顔器は、安全性の問題から、エステサロンなどが使用している製品と比べると出力が弱くなっています。したがって、すぐに結論を出すのではなく、効果が現れるまで気長に待つことも大切です。

技術の発展にともない、美顔器も昔と比べて大きな進化を遂げています。上記のことを踏まえた上で、正しく使用すれば、肌のたるみやむくみ、シワ、シミなど、さまざまな肌のトラブルに対して、大きな効果が期待できるでしょう。

美顔器にもたくさんの種類が!

美顔器には、たくさんの種類があるので、まず、それぞれの仕組みを理解し、自分に適したものを見極める必要があります。

例えば、超音波美顔器は、秒間数万回という振動で肌の汚れを削ぎ落していきます。しかも、美顔器から発生した超音波は最大で10センチ程度の深さまで届くので、角質の奥の汚れも弾き出します。また、超音波による振動にはマッサージ効果があり、血行が促進されて新陳代謝が活性化することで、むくみやたるみの改善が期待できます。

次に、イオン導入美顔器ですが、これは針のない注射器と呼ばれています。なぜなら、普通なら角質層で弾かれる美容成分を、真皮まで到達させることができるからです。皮膚の表面は、陽イオンと陰イオンのせめぎ合いによってできた電気のバリアで覆われています。しかし、イオン導入美顔器であれば、微弱な電気を流すことでバリアを弱体化させることができるのです。この方法を用いると、美容成分の浸透力は、普通に基礎化粧品を使用するのに比べ、数十倍にもなります。美容成分が肌の奥に染み込むことでシミを薄くし、美白を取り戻し、肌をきめ細かくする効果があります。

一方、スチーム美顔器は、まるで加湿器のようです。開いた口から蒸気が出るのですが、それは通常の水蒸気よりも遥かに小さな粒子です。その粒子は角質の中に浸透し、真皮を潤わせます。その結果、肌は瑞々しくなり、血の巡りもよくなります。新陳代謝が活性化して老廃物が除去されるため、シミやくすみの改善も期待できます。さらに、毛穴の汚れもきれいに取り除かれるので、毛穴の黒ずみが気になる方にはおすすめです。

最後に紹介するローラー美顔器は、最も原始的な仕組みです。ローラーを顔の上で転がすことで、マッサージと同じ効用があり、むくみの解消や小顔効果が期待できます。アナログである反面、安上がりなのが利点だと言えるでしょう。

以上が代表的な美顔器ですが、他にもレーザー美顔器、光美顔器、温冷美顔器、EMS美顔器など、まだまだ多くの種類があります。

美顔器の効果的な使い方とは?

美顔器のそれぞれの特徴を理解したならば、自分に合った商品を購入し、今度はその商品の有効な使い方を把握する必要があります。

超音波美顔器を選んだ場合は、まず振動数と効果の関係を覚えましょう。一般的に細かい汚れの除去には高い振動数を、肌の活性化には低い振動数を用います。

また、イオン導入美顔器が美容成分を肌に浸透させるといっても、ヒアルロン酸のような分子量が大きなものは無理です。ビタミンC誘導体などの分子量が小さなものを使った方が効果的です。

スチーム美顔器は、肌の内部まで蒸気を浸透させますが、そのまま放っておくとすぐに乾燥してしまいます。美顔器を使った後は、保湿成分の高いクリームなどを塗る必要があります。

さらに、ローラー美顔器は手動であるが故に、その手際が問題です。ニキビや荒れた肌をあまり強くこすると、悪化する恐れがあります。軽く押さえる程度の力で転がすのがコツです。

このように、美顔器を使って肌の悩みを解決するためには、その種類と使い方についての十分な理解が不可欠です。