美顔器って毎日使わなきゃダメ!?オススメの使用頻度は?そもそも、美顔器の効果って?

t-16012972994_6_1

最近では、エステサロンの機器と匹敵するような家庭用美顔器も出回り、家に居ながら気軽に使用できるようになりました。そういったものがあれば、せっかくだから毎日使わなくては損だと思うかもしれません。しかし、実際のところ、美顔器の使用頻度はどのぐらいが適切なのでしょうか?順を追って説明していきます。

<h2>そもそも、美顔器の効果って?</h2>

根本的な話をしますが、美顔器の目的は何かご存知ですか?文字をそのままに読めば美しい顔を作るための機器です。しかし、より具体的にいうならば、年齢を重ねるにつれて増えてくる肌のトラブルを解消するための機械です。トラブルといっても、色々なケースがあるので、それ合わせて、複数のタイプの美容器が開発されてきました。そして、その効果は、機械の種類によってさまざまです。

例えば、超音波美顔器は、人間には聞こえない音の振動で肌に刺激を与え、血行や代謝を向上させます。その結果、たるみやむくみを解消し、肌の張りを取り戻す効果が期待できます。

また、イオン導入美顔器は、肌を覆っている電気バリアを一時的に弱め、美容成分を角質層の奥まで浸透させることができるのが特徴です。シミやくすみの解消や美白に威力を発揮します。

さらに、スチーム美白器は、微小な水蒸気の粒子を肌に吹きかけることで、毛穴の奥に詰まっている汚れを洗い流すことができ、黒ずみ解消に最適です。

その他にも、黒色に反応する性質を利用して、シミやそばかすを破壊するレーザー美顔器や肌の上にローラーを転がして、血行をよくするローラー美顔器などがあります。

<h2>毎日使うと逆効果!?美顔器の使用頻度はどれくらいが適切?</h2>

美顔器が、気になるシミや黒ずみを消し、シワやたるみにも効果があると聞けば、毎日でも使いたくなりますが、それはおすすめできません。確かに、美顔器は肌のトラブルを解消するためのものですが、過度に使用すると肌の負担にもなるからです。体に良い薬でも飲みすぎると副作用が出るのと同じです。

超音波美顔器の場合は、超音波の振動を当てすぎると毛穴が開きっぱなしになったり、肌に必要な角質内の脂質まで除去してしまったりする可能性があります。使用回数は数日に1度に留めておくべきでしょう。また、レーザー美顔器も肌への負担がかなり大きいため、説明書に書かれた使用頻度を守ることが大切です。

ローラー美顔器は、毎日使うのは問題ありませんが、一度に長時間使用し続けると、肌がかなりのダメージを負ってしまいます。特に、ニキビやシミがある場所は、刺激を与えることで悪化する可能性があるので十分気をつけましょう。

<h2>美顔器は、お肌は甘やかさない程度の頻度が効果的!</h2>

美顔器の使用頻度を考える際、肌へのダメージ以外にも考慮しなくてはならない点があります。肌を甘やかせすぎないことです。人間の場合でも、病気の時はベッドの中に入って安静にしていなければなりませんが、元気な時も寝たままで手厚い看病を受けていたのでは逆に不健康ですよね?肌に対しても同じことが言えます。

例えば、イオン導入美顔器です。美容成分を浸透させるだけなので、肌へのダメージはあまり心配する必要はありません。しかし、過剰に美容成分を与え続けていると、人体に備わっている美容成分の生成能力が衰えてしまうのです。したがって、2日に1回は美顔器を使わない日を設けて、肌本来の力が低下しないようにする必要があります。

また、若い内から美顔器を使うのもおすすめできません。若い肌は元々瑞々しく保湿ケアや美容成分の補給をする必要がないからです。その上、過剰なケアをするとそれと、それが当たり前になって、まだ若いにも関わらず、肌の機能が急速に衰えてきます。

大事なのは、肌の持つ本来の力を最大限に引き出すことであり、美顔器はそのサポートのためにあることを忘れないでください。