美容液は手で直接つける?それともコットンを使う?

%ef%bc%92%ef%bc%90

化粧水は手のひらとコットンのどちらでつけるのが良いか、迷ったことがある人はいませんか?コットンは摩擦があるから手のひらでやさしく押し込むようにするべき、という意見もあれば、コットンの方がむらなくまんべんなく行きわたる、という意見もあって迷ってしまいますよね。実はこれ、美容液にもいえること。では実際、美容液を塗るのにコットンを使っている人はどれくらいいるのでしょうか。アンケートをとってしらべてみました。

【質問】
美容液を使う時、コットンを使用しますか?

【回答数】
使用する:6
使用しない:94

20

肌への刺激を避けたいから手のひらでやさしくつける

アンケートでは94パーセントと大多数の人がコットンを「使用しない」と回答。その理由は何でしょうか。

・美容液を手でつけるほうが肌への刺激が少ないし、肌に馴染みやすい気がするので、コットンは使わない。(30代/女性/パートアルバイト)

・コットンに染み込む分がもったいない気がするので、手で付けています。(30代/女性/専業主婦)

・手で温めて、お肌に直接触れることで、その日の肌状態がしっかり感じられるため、コットンは使用しません。(30代/女性/会社員)

私の使用しているタイプは、一度手で温めて、その細胞をたたき起こしてから肌につけるタイプのため、必ず手を使います。(30代/女性/専業主婦)

コットンを使わず手でつけることの利点としては、直接肌に触れることでその日の肌のコンディションが確認できること、摩擦がないので肌への刺激がないことなどがあげられています。これらは敏感肌の人では特に気になる部分ではないでしょうか。製品によってはメーカーの方で手で塗るように指定しているものもあるようです。また、美容液は高価なものが多いので、コットンに吸収されてしまう分がもったいない、というのもうなずけますね。

ムラなくのばせるコットンの方が実は無駄がない!?

コットンを「使用する」と答えた人は6パーセント。少数派ではありますが、コットンならではのメリットもあるようです。

・コットンを使った方が楽なので、長年コットンを使用しています。(30代/女性/パートアルバイト)

・コットンを使うことでムラなくお肌全体に美容液を浸透させていきたいから。(30代/女性/無職)

・手で付けると美容液が全部手に吸収されてしまうから意味がないと知り合いに言われてからはコットンに美容液をたっぷり付けてからやってます。(30代/女性/会社員)

・コットンを使用したほうが浸透率がいいのきいてから使うようにしている(30代/女性/専業主婦)

コットンを使うと手を汚さなくて済むので確かに楽ですよね。また手で塗るのに比べると、コットンの平らな面でのばした方がムラなく塗ることができそうです。注目すべきは下の二つの意見。「手で塗ると手のひらの方に浸透してしまう」「コットンの方が肌への浸透率が良い」と、「手のひら」派とは正反対の意見が。美容液は肌に浸透させるものですから、手のひらにも浸透してしまうというのはうなずけます。となると手のひらでもコットンでも、ある程度無駄になってしまうのは同じこと。となるとあとは使用感の違いだけなのでしょうか?

浸透率はコットン!肌へのやさしさは手のひらうまく使い分けて

美容液の使用法は多くの場合メーカーの側で指定しており、それに従うのがベストですよね。コットンでつける場合はやさしく拭くように肌にのばしていきます。やわらかいコットンを使ってソフトなタッチで行うのがコツです。手でつける場合は手のひらに延ばしてよく温めた後、顔全体を包み込むようにして肌に押し込むようにしましょう。ムラなく肌内部まで浸透するのはコットンといわれていますが、敏感肌の人や肌荒れをしているときなどは少しの摩擦も気になるもの。そのようなときは手のひらに切り替えるというのも良いかもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】女性 【年齢】30 – 39
■調査期間:2016年03月08日~2016年03月22日
■有効回答数:100サンプル